10年後の君に会いたい。

CAST野崎 奈菜野崎 奈菜

作者:あきグミ

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2021.08.22

キキッー、ドンッ!





私の耳から、鈍いような音が
聞こえた。





その後には人間の声も
聞こえるような気がする。





でも、冷静になって
気づいた。





この音は、
信号を守らなかった車に
私がはねられて、
うめいている音だと。





そこから意識はなくなり、
視界もかすんでいった。













*。・ 10年後 ・。*





急に視界が明るくなる。





その中には、
色々な人達の顔もある。





その人達は
歓声をあげた。





でも、私の目には、
ある1人の顔しかなかった。





「あれ?
気がついた?
僕のこと分かる?」





男の子はそう言って
綺麗な笑顔を見せた。





その笑顔を見たら、
思い出せそうで
思い出せない
もどかしい感覚に襲われた。





しばらくして、
お医者さんが、
私の病室に来た。





「目を覚まして
本当によかった。
記憶はこれからゆっくり
取り戻そう」





私、記憶、
失ってるの?





そんなの、、、、。





お医者さんは、
話が終わると
他の病室に行った。





すると
部屋の扉が開いた。





さっきの男の子!!





「僕の名前はコウショウ。
また今度車椅子で、
出かけよう!」





コウショウは
それだけ言うと、
出て行った。













*。・ 1ヶ月後 ・。*





今日はコウショウと
お出かけの日。





車椅子だけど、
すごい楽しみだった。





「ナナっ!
お待たせ!
行こっ!」





「うん!」





また、あの笑顔。





少し、
戸惑いながら
私たちは出かけた。





かなり、いろんなところを
回った。





でも、どこに行っても、
あの、もどかしい感覚に
襲われる。





正直言って、
苦しい。





最後は菜の花が
たくさん咲く丘に来た。





でも、あの感覚は、
変わらない。





「あのさ、コウショウ、
この丘、
来たことあるっけ?」





コウショウはおかしいと
思ったかもしれない。





けど知りたい。





「やっと気づいた」





ギュッ!





後ろからハグされて
香りに包まれる。





「そうだよ。
何回も来た。
ここは、俺とナナの
思い出の場所。
10年ぶりに会えた。
大好き」





その瞬間、
私は全てを思い出した。







*end*

Like

この物語に投票する

野崎 奈菜が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!